園舎紹介

黒川幼稚園昔話

黒川幼稚園の楽しいストーリーをご紹介いたします。

むかしむかし、武蔵の国に「隅田川」という大きな川がありました。
その川のほとりには「ハンノキ山」と呼ばれる、大きな森がありました。

ハンノキ山には、仲の良い3兄弟の妖精が住んでいました。ある時、
妖精たちは「里のかわいい子供たちと一緒に遊びたいなあ」と考えました。そこで、「まきのや」と呼ばれるあたりに住んでいて、なんでも知っている大きな大きなコイのおじいさんに相談に行くことにしました。

まきのやのコイのおじいさんは、3兄弟の願いを聞いて言いました。

「よしよし、では教えてあげよう。遊び相手を探している良い子たち
がおるのじゃ。この近くの三河島というところの子供たち、そして足
立の辰沼というところの子供たち、そして流山の前ヶ崎に住んでい
る子供たち。おまえたちは3兄弟だから、それぞれの場所に飛んで
いって、良い子たちと仲良く遊びなさい。」

「ありがとう、まきのやのコイのおじいさん」
妖精の3兄弟はお礼を言って、それぞれ、一番上のお兄さんは三河島へ、2番目のお兄さんは辰沼へ、末っ子は前ヶ崎に飛んで行き、子供たちと仲良く遊んだり勉強したりしました。

園のあゆみ

昭和39年 9月 足立区辰沼に黒川幼稚園を開園。
昭和49年 4月 鉄筋二階建てに増改築。
昭和52年 4月 学校法人とする。
昭和52年 9月 遊戯室を改築。
平成13年 園舎改修。
平成16年 園庭、バス車庫整備
平成22年 園舎改修、遊具ペイント

所在地

〒121-0054
東京都足立区辰沼2-5-3
TEL:03-3605-4025