新入園児募集要項

平成30年度新入園児募集要項

30年度 園児募集について

お蔭さまを持ちまして、30年度入園希望の方が定員となり、願書の配布は終了とさせていただきました。ありがとうございました。

応募資格・募集定員 3年保育(平成26年4月2日〜平成27年4月1日生) ・ 70名
入園受付 平成29年11月1日(水) 午後9時より12時まで
費用 入園料    90,000円
毎月の費用 保育料    26,000円
行事費    1,350円
父母の会費  500円

※ 施設費・寄付金などは徴収しません。
※ 給食費・バス維持費については実費別納。
尚、一旦納入された費用はお返しいたしません。
補助金について 平成29年度荒川区では保護者に対して下記の補助金が支給されました。

●入園児保護者補助金(入園料に対する補助金)
 3歳児    70,000円

●就園奨励費補助金(入園料や保育料に対する補助金)・保育料負担軽減補助金(保育料に対する補助金)
 ※世帯の所得・兄弟姉妹の状況により補助金額が異なります。
入園手続 入園願書に入園料を添えて申し込んで下さい。
入園試験は行いません。
入園取消 入園を取り消されても、納入された費用はお返しできません。
保育時間 午前9時より午後2時まで(水曜は1時まで)
(バスコースにより登降園の時間が少々異なります。)

第1.3土曜日は保育を行います。
また延長保育もご希望により 月〜金曜の午後3時半〜5時半まで実施いたします。(実費別納)
付属施設 林間寮・・・浅間高原奥軽井沢
(年長児は両親と離れて、先生と一緒に2泊3日の合宿林間保育を行います。6キロのハイキングほか自然観察、自立の精神養成を目的とした行事です。)
※その他詳細につきましては、園にお問い合わせください。

黒川学園のきまり

一、 保護者は学園を信頼し、学園の教育活動を理解し協力する。

二、 保護者同士は、互いに尊重しあい融和に努める。

三、 保護者は学園職員の職務を理解し、節度ある応接をする。

世相の変化と共に教育現場も変わって参りました。
従来の常識が常識でなくなり、子ども達への保育環境も満足のいかないものとなっている現実があります。公立小学校や、他の幼稚園では子ども達が健やかに成長するのにふさわしくない環境が問題になっている所もあります。
幸い、黒川幼稚園ではそのような事は過去にも、現在にもありません。今後も、黒川幼稚園は保護者の皆様方のご理解・ご協力を賜り、理想的な教育を目指す所存です。

教育機関としての幼稚園は、人間として最も大切な幼児期の保育を担う重責があります。
しかし、現場の先生方は保護者の皆様方よりも年齢が下の場合が多く、敬意ある応接を受けない事も、まま、あります。
私たち職員も日頃より保育には謙虚に、真摯に携わる所存ですので、どうか、黒川幼稚園の保護者の皆様方におかれましては互いに仲良く、どの職員に対しても思いやりのある応接をお願い致します。

子ども達はひとり一人、それだけで美しく個性的な存在です。
まばゆいほどの輝きを持った子ども達に、ことさらに髪を染めたり、異様な髪形を強要するのは黒川学園においては不適切です。その他、社会常識からあまりにかけ離れた行動をとられるご家庭には、学園から注意を促します。
注意が受け入れられない場合は退園をして頂く場合もございます。
黒川学園はどのご家庭、保護者の方にも不当な差別による入園拒否は致しませんが、学園の教育方針にご理解を頂けない場合は入園を拒否させて頂きます。入れ墨、顔面ピアス等は教育現場にふさわしくありません。そのような方のお子さんは黒川学園には入園できません。

以上、子ども達の教育現場においては「あたりまえ」と思われる心構えを記しました。
私たちの、未来あるお子さんの理想的な教育を、学園職員と保護者の皆様と一緒に築きあげたいと存じます。
たとえ、他の教育現場で様々な問題が生じたとしても、黒川学園だけは違います。
黒川幼稚園だけは、職員と保護者の皆様方が常に同じ方向を向いて、園児たちの健やかな成長を見守り続けたいと、切に望んでおります。
保護者の皆様方におかれましては学園の主旨をご理解いただいて、重ねてご協力をお願い申し上げる次第です。