園長挨拶

園長 臼井 実

伝統の中にも新しい風を

黒川幼稚園(流山)は、昭和50年4月に3番目の姉妹園として木造平屋の幼稚園として開園しました。

以後昭和52年に3教室を増設。増設にあたり敷地も一部拡張。昭和63年3月に運動場600坪を拡張整備し、敷地面積1200坪になりました。平成13年3月に新園舎完成と共に運動場も整備され、平成20年8月に外装・内装工事が行われリニューアルしました。

しかし、遊具は少ない幼稚園です。
園児達は、園庭で自由に自分たちで創意工夫をして遊びを考えています。しかし何といっても園児たちと一緒になって走り回り汗をかき、泥んこになって遊んでくれる先生達が大好きです。

特に誇れるのは専属の男子職員がたくさんいます。体操の先生、ミスターチップス(スポーツクラブ)の先生、サッカークラブの先生、皆黒川専属の職員です。

黒川とは、お兄さん、お姉さん、お父さん、お母さんみたいな職員が集まった幼稚園です。

幼稚園に遊びにきてください

毎月、ヒヨコルームという2歳児を対象とした未就児教室を行っておりますので遊びにいらして下さい。